ひろしま北部若者サポートステーション(きたサポ)

厚生労働省の委託事業(15歳から39歳までの就労や就学していない若者の皆さんが、就労や就学に向かえるように多様なサポートを行う)を実施する地域若者サポートステーションが情報発信するブログです。 具体的にはあなたの状態に合わせて、丁寧に、「計画」⇒「体験」⇒「確認」⇒「見直し」を繰り返しながら、あなたの目標(就労または就学)に向けてサポートしていきます。 ★ひろしま北部若者サポートステーションはNPO法人ワーカーズコープが運営しています。

2000年01月

無就労、無就学の状態にあるお子さんのご家族に対しての個別相談を随時行っています。
ご家族だけでは解決の糸口が見つからない、どう接したらいいのか悩んでいるなど、相談員がお話を伺います。

ご家族、おひとりで悩まずにまずはご連絡の上、お越し下さい。


  ひろしま北部若者サポートステーション
  〒731-0223 広島市安佐北区可部南5丁目13-21
           (安佐市民病院そば)
  ☎082-516-6557/fax082-516-6553

 私たちひろしま北部若者サポートステーション(以下サポステ)では、様々な理由により仕事に就くことへの不安やを抱え、一歩を踏み出せないでいる若者たちの相談の乗り、自立への道筋を一緒に考えています。  

 サポステを利用する若者たちが抱えるものは様々ですが、共通しているのは「一歩を踏み出したい」「働きたい」という思いです。


 そんな若者たちに勇気と自信をつけてもらうためには、本格的に働く前のステップとして職場見学や職場体験の場が必要であると考えます。そして、そのためには何よりも企業の皆様のお力が不可欠です。


 そこで、企業の皆様に「一歩を踏み出したい」という若者たちに働く機会をご提供いただけるようにご協力をお願い申し上げます。


 何よりも 「人と関わる」 「仕事場に触れる」 「社会に出ていく」 ということを若者たちに体験してほしいと思っていますので、ご理解の上、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


  ひろしま北部若者サポートステーション
    〒731-0223 広島市安佐北区可部南5丁目13-21
    ☎082-516-6557/fax082-516-6553

このページのトップヘ