ひろしま北部若者サポートステーション(きたサポ)

厚生労働省の委託事業(15歳から39歳までの就労や就学していない若者の皆さんが、就労や就学に向かえるように多様なサポートを行う)を実施する地域若者サポートステーションが情報発信するブログです。 具体的にはあなたの状態に合わせて、丁寧に、「計画」⇒「体験」⇒「確認」⇒「見直し」を繰り返しながら、あなたの目標(就労または就学)に向けてサポートしていきます。 ★ひろしま北部若者サポートステーションはNPO法人ワーカーズコープが運営しています。

2014年10月


こんにちは

朝晩の冷え込みが激しくなり、冬本番が近付いてまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?



きたサポでは、21日(火)にSSTを実施し、2名の方が参加されました!

テーマは「失敗したときの対応」です。

職場で実際にあった事例をもとに、失敗したときにどのように対処すればよかったかをみんなで意見を出し合いました。

出てきた意見をまとめてみると、共通するものがありました。

それは・・・・・・






ホウレンソウです。

つまり、ホウ⇒『報告』、レン⇒『連絡』、ソウ⇒『相談ですね。


「ホウレンソウ」の重要性を確認したのち、上司役と本人(部下)役になってもらい、「失敗ごとについて相談する」練習を行いました。

その中で導き出されたポイントは以下の点です。


・報告を受ける人の都合を最初に確認し、相談したい旨を伝える

・口調ははっきりと

・失敗が起こった経緯を具体的に伝える

・現在の状況も伝えた上で、今後の対応について聞く

・自分の落ち度についてもも謝罪の言葉を述べる



働き方は様々ですが、社内の上司、部下、同僚などやまたは取引先などの社外の人などといった複数の人間関係を築きながら働くということが多いでしょう。

その時に必要になってくるのが、上に挙げた「ホウレンソウ」となります。

特に仕事上での失敗の場合、できるだけ一人で解決しようとしたり、穏便に済ませようとして「ホウレンソウ」を怠ってしまうことも多いのではないでしょうか。


失敗は誰しも起こします。

失敗しない努力ももちろん大事ですが、重要なのは、『失敗した後の対応』です。

その状況に応じた行動をとることができるよう、今後もSSTを通じて皆さんと考えていけたらと思います

寒さはどんどん強まりますが、きたサポでは皆さんにホットなセミナーを提供できるよう、頑張ります


P1040133


こんにちは

昨日、サポステでは『清掃業務説明会』を実施しました!
ワーカーズコープ広島北部事業所の方にお越しいただき、清掃とはどんな仕事か?詳しくお話を伺いました。
清掃業務説明会③

サポステからは5名の若者が参加!
清掃用具の説明や、清掃をする際の注意点、清掃業務を行う意味などの説明を詳しく聞き、
皆さんの『清掃業務』に対する理解が深まり、モチベーションアップにつながったようでした

清掃業務説明会④


参加した方の感想は・・・・
★清掃業務には年齢制限があり、誰かが必ずやらなければいけない社会的にとても重要な仕事だということを学びました。
★清掃のやり方、器具の説明など分かりやすく教えてもらえてよかった。
★様々な清掃の知識などが学べて非常に勉強になりました。

など。

7日~9日の間に、サポステでは『清掃業務 職場体験』を行います。
3日間の参加でも構いませんし、1日だけ、数時間だけでもOKです。
清掃業務に興味がある方、色々な仕事を見学・体験してみたい方、就職のきっかけにしてみたい方、ぜひご参加ください^^♪
参加予約は、082-516-6557(ひろしま北部サポステ)まで!
皆さんのご参加をお待ちしています。
清掃体験

このページのトップヘ